読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「シックス・センス」 感想

前々から見ようと思ってずっと放置してた映画「シックス・センス」をついに見ました。

 

 

あらすじ

 小児精神科医マルコム・クロウは、長年、子供たちの“心の病"の解決に人生を捧げ、第一人者として活躍してきた。しかし彼は、以前担当したヴィンセントという少年を助けられなかったことに深く傷つき、最愛の妻アンナとの間にすら、深い溝ができ、人生に絶望していた。
 そんなおり、8歳の少年コールが新しい患者として現れる。いつも何かにひどく怯え、母親リンにすら原因を明かさず、ひとり心を閉ざす彼の症状は、自殺したヴィンセントの症状と酷似していた。かたくなに心を閉ざすコールを説得して、やっと打ち明けられた驚くべき“事実"。
 コールを救うため全力を尽くすマルコムの前に、化学では説明のつかない「何か」の存在が、しだいにその全貌を明らかにしていくのだった…。

 

あらすじを載せておいてなんですが、

この作品は前情報なしで見ましょう。

そのほうがもっと楽しめると思います!

とはいっても超有名作品だそうなので、知らない人のほうが少ないかな…?

 

以下感想。

(※ネタバレあり注意)

 

この映画を見る前にどこかで「お前はもう死んでいる」っていう

一言ネタバレを見ちゃってたので、ちょっと萎えつつも見始めました。

このネタバレのせいで、

序盤でマルコムが銃で撃たれた後、シーンが切り替わって次の秋になり、

マルコムが普通に動いてるの見て

「これもう死んでるんじゃないか…」

とか考えながら見ちゃってましたね。

その後もずっとマルコムの死を疑いながら見てたので、

最後がどんでん返しじゃなくなったという…

ただ、映画として非常に面白かったです。

患者を助けることができなかったマルコム、

死者が見えるという能力を持ったコール

二人をとりまく人々のヒューマンドラマが

上手く描かれた作品になってますね。

 

って感じで映画をあんまり見ない僕が知り気に語ってみました。

前情報なしで見ればもっと面白いんじゃないかなぁ。

2回目はまた違った視点で見れるだろうし。

 

英語の練習にと思って英語音声英語字幕で見てたので、

何度も一時停止しながらセリフを確認してました。

が、理解できてない部分がいっぱい。

もっと英語力、語彙力をつけなければ…

また後日日本語字幕で見直したいと思います。